Windows10が期間限定にて提供されている。

 

Windows 10 を入手するための 2 つの方法として
1.アップグレードする

アップグレード対象の Windows 7 または Windows 8.1 デバイスは無償でアップグレードできます。アップグレードするには、下の [今すぐアップグレード] をクリックします。その後、画面の指示に従って手順を進めてください。

2.新しい PC を購入する

Windows 10 をプレインストールしたデバイスを購入するか、Windows 8.1 搭載の PC を購入して無償でアップグレードします。

 

無料だし、ついつい[今すぐアップグレード] をやってしまう人が多い様です。

 

Win10

互換性の検査が自動で行われ、問題が無いようであれば続行すればよい。

 

よく聞くトラブルその1

更新途中でスリープになり更新が不完全のまま止まる。

更新中は省電力機能を解除し行うべし。

よく確認せずに「次へ」と進めて、HDDをまっさらにした人も。

更新をもとに戻す機能もあるので、元のOSに戻すか最悪リカバリーとなる。

バックアップは必須です。

 

よく聞くトラブルその2

ソフトが消えた。

互換性のないソフトは警告を表示するので確認されたい。

 

よく聞くトラブルその3

かたまる。

まるでWindows Vistaであった様な世界か?

メーカーサイトに行きWindows10対応状況を確認されたし。

BIOSのアップデートが必要な機種も。

 

よく聞くトラブルその4

いままで使っていたプラウザに設定したお気に入りがない。

IEはバージョンが変わり「Microsoft Edge」が標準のプラウザになった。

使い慣れたIEではないので戸惑う方が多い。

これはアクセサリーの中に存在するので、そちらを出せばいい。

 

業務用のソフトを使っている方は良く確認のうえ導入されたい。

Windows8.1よりは昔風で使い勝手はいいのかな?と思いますが「タイル」方式の選択なんて仕事ではいらないっす。

Windows10への更新メッセージは、下記UPDATEを削除すればいいのですが、やり方はネットで探せばいっぱいあるのでご参照ください。

 

KB3035583(推奨)
・「Windows 10を入手する」というタスクトレイアイコンを表示するための修正プログラム

KB2952664(選択)
・「Windows 10」の無償アップグレードに関する修正プログラム

KB3083710(選択)
・Windows Updateのクライアント更新に関する修正プログラム