家電量販店で購入のルーターが6か月程で使えなくなった。

との購入者からのクレームが販売元である家電量販店に入ったとのこと。

 

量販店から依頼を受けオンサイトでの対応となった。

保障期間内でもあることから替わりのルータを持参調査となる。

ONU

NTTの光ONUにBUFFALOのルータを接続。

ルーターは BUFFALO WHR-600D

PCは使わず、スマートフォン、タブレットを利用とのこと。

 

BUFFALOの設定情報を確認したところ、プロバイダ情報が消失していた。

何度か量販店でも対応したらしく、つながらない時はルーターの電源を切りリセットしてみてくださいとのアドバイスを受け、おそらくリセットボタンを操作してしまい、購入時の状態に戻ってしまったのであろう。

 

ルータ内にプロバイダ情報をセットし動作確認、ネットにつながることを確認し対応終了。

 

ところが数日して「またつながらない」とのクレームが入った様だ。

再訪し状態を確認したら、確かにつながらない。

ONUやルータのランプも正常。

ルータの情報を確認するもプロバイダ情報は消えていない。

持参した新品のルータをつなげテストするもネットにはつながらない。

 

PC と ONU を直結して PPPoE にてテストすると 651エラーが返ってくる。

結線は間違いないし、ONU のランプも正常。

 

原因不明のためNTTへ故障診断・回線チェックの電話を入れる。

オペレータから個人情報なので、利用者ご本人様と替わってくださいとのこと。

 

原因は利用料金が一月分未納となっていた為、利用停止となっていた様である。

 

当日のうちに手続きを行い、無事開通となりネットも通常通り使えているこの事。

世の中様々な事象を想定し、対応する必要がありますね。