平成25年8月24日(土)、25日(日)、26日(月)と3日間に渡って行われる山形県新庄市の
国重要無形民俗文化財「新庄まつり」

伝統ある大名行列はじめ山車の運行状況、200店舗以上の露店が軒を連ねるという出店状況の視察も含めて、岩手町観光協会の会員ほか、大町商店会の役員・会員の参加による。

今年度は山見の里大町商店会にて露店がならぶ予定である。いわば事前の視察研修の意味合いを持つ。

山形県・新庄まつり

8月24日は「宵まつり」、25日は「本まつり」、26日は「後まつり」と多彩な行事が組み込まれている。私たちが視察したのは、25日の「本まつり」の神輿渡御と本まつり山車行列の様子です。

観覧場所はJR新庄駅の裏手、桟敷席を予約し運行の様子を視察しましたが、ちょうど始まるあたりから雨となり、せっかくの煌びやかさを少し割引した様な始まりでした。

山形県・新庄まつり

大名行列のやっこ。
独特の歩調である。岩手町川口秋祭りでも披露される「秋浦大名行列」も独特の歩調である。神輿渡御行列に参列する武士たち。新庄藩の武士になりきり神輿の警護にあたる。

傘回しの妙技、息の合った挟箱、熊の積毛をもつ伊達衆の演技、天狗、神輿など見どころは豊富である。

山形県・新庄まつり

■山車行列 一番 風流 美勇水滸伝

山形県・新庄まつり

■山車行列 二番 風流 鞍馬山の牛若丸

山形県・新庄まつり

■山車行列 三番 風流 怪異談「牡丹燈篭」

山形県・新庄まつり

■山車行列 四番 風流 川中島決戦

山形県・新庄まつり

■山車行列 五番 風流 鬼若丸の鯉退治

山形県・新庄まつり

■山車行列 六番 風流 軍師黒田官兵衛「山崎の戦い」

山形県・新庄まつり

■山車行列 七番 風流 肘折 小松淵の白蛇

山形県・新庄まつり

■山車行列 八番 風流 織姫・彦星物語

山形県・新庄まつり

■山車行列 九番 風流 神童 天草四朗時貞

山形県・新庄まつり

■山車行列 十番 風流 菅原伝授手習鑑

山形県・新庄まつり

■山車行列 十一番 風流 矢の根

山形県・新庄まつり

■山車行列 十二番 風流 英 執着獅子

山形県・新庄まつり

■山車行列 十三番 風流 鳴神

山形県・新庄まつり

■山車行列 十四番 風流 本能寺の変

山形県・新庄まつり

■山車行列 十五番 風流 一寸法師

山形県・新庄まつり

■山車行列 十六番 風流 連獅子

山形県・新庄まつり

■山車行列 十七番 風流 義経千本桜「伏見稲荷鳥居前の場」
山形県・新庄まつり

■山車行列 十八番 風流 二人道成寺

山形県・新庄まつり

■山車行列 十九番 風流 陸奥霊場庭月観音「光姫伝説」

山形県・新庄まつり

■山車行列 二十番 風流 ヤマタノオロチ

20もの山車が行列に花を添える。
岩手町の山車とは少し趣が違う、新庄の山車はシーンを舞台形式に表現しているようだ。
岩手町の山車の様な見返しがない。

行列が通り過ぎたのち、市道を封鎖して軒下に連なる露店と祭りの警備体制を視察する。
規模に圧倒されながらも、歴史ある大絵巻を観覧できた。

本日は5時岩手町商工会を出発、9時30分に通る神輿渡御行列に間に合うような旅程でしたが予定よりスムースに到着、ゆっくり出来た。11時30分には新庄市を離れ、横手市内で昼をいただき、5時30分の定刻に商工会着となる。

おりしも今日8月25日は「園井恵子生誕100年祭」の最終日、本来であればスタッフとして協力しなければならない立場ですが、先行予定として優先した。