4月10日(日)岩手町商工会青年部と、いわてまちご当地グルメ研究会の有志20名が陸前高田市の避難所2箇所に分散して「いわてまち焼うどん」の炊き出しに行ってきました。
高田市までは片道3時間以上の道程。
前日に用意した食材一式を保冷車に積み込み、6時に岩手町を出発。
今回の炊き出しは株式会社八木澤商店様とのご縁によります。

「いわてまち焼うどん」の「黒麺」は「八木澤商店」の醤油を練りこんだ、風味豊かな、こしのある麺です。さらに、岩手県宮古市の深海から精製したミネラル豊富な「塩」を練りこんだ「白麺」とともに、B級グルメのグランプリを目指そうと、頑張っている折の東日本大震災でした。

陸前高田市に拠点のある八木澤商店様自身が被災してしまい、工場設備などが甚大な被害を受けてしまいました。地域の先導役として寝る間も惜しんで活動している中、社長様のご案内で、2つの会場に分散し1,000食の「いわてまち焼うどん」をご提供させていただくことができました。
私たちが協力できることは限られていますが、出来ることを、出来る方法で、今後とも行動しようとみんなで確認しあいました。

Save Iwate

長距離の運転ご苦労様でした。次回も安全運転宜しくお願いします。<(_ _)>
次回は5月末に宮城県石巻市を予定、岩手町商工会婦人部も一緒に協力しようと計画されている様です。