9月6日(土)沼宮内公民館主催の「リフレッシュ・ウオーキング」に参加し。

公民館事業は主に平日を開催日としていますので、行事があってもなかなか参加が難しい。

今回はバスの都合で土曜日開催となった様で、夕方からの祝賀行事などありましたが、参加を決めました。

 

岩手町を7時30分に出発、参加者総勢27名。

普段早朝にウオーキングされている方々が多い様です。

運動はしない、飲む、食らう、自慢にも生活習慣を誇れる体ではない。

しかし秋の快適な空気を感じながらのトレッキングは、体に悪いはずがない。

 

程なく網張温泉に到着しトレッキングの準備を整え、指導員の掛け声で筋肉のこわばりをほぐす。

皆さん公民館では顔なじみだ。

Amihari_01

さあ、トレッキングの開始だ。

スキー場の第一リフト、第二リフトを乗り継ぎ、第三リフトを降りたのが9時25分

一路大松倉山山頂を目指す。

 

リフトから降りて、稜線を上った頂からは下りの道のり、比較的難易度の低いコースかな?

雨後のぬかるみに足を取られない様注意しつつ、トレッキング道のアップダウンを楽しみながら進む。

Amihari_02

大松倉山頂に到着。

本日は冷涼な天候なのですが、さすがに汗が背中を伝っているのがわかる。

しかし心地よい。

Amihari_03

大松倉山頂から雫石スキー場方面を望む。

曇っているが稜線はしっかりとわかる。

Amihari_07

岩手山方面を望むが、雲に隠れ山頂は見えない。

こちらから見えるのは「お花畑コース」なのだそうです。

三ツ石山荘に着くころには、雲が晴れ岩手山の山頂も良く見えるようになりました。

Amihari_04

ここから稜線伝いに歩き、向かいに見える頂の中腹を目指す。

ネジバナ、ハクサンフクロウ、アザミ、ノリウツギ、エゾオヤマリンドウなどの山野草が可憐に咲いている。

Amihari_05

稜線を下り、次に目指すのが昼食休憩の場所「三ツ石山荘」

中央に映っているのは「三ツ石山」

眼下の左中ほどに映っているのが三ツ石山荘です。

Amihari_06

三ツ石山荘到着。

ここでお昼休憩を取る。

向かいの三ツ石山には30分程度で登れるとのことですが、そのうち機会があれば挑戦するのもいいかな?

昼食休憩ののち12時20分三ツ石山荘を出発、奥産道に向けて下山出発する。

 

ここからは下り道。

少し急斜面の岩場を下るので膝が笑う。

眼下に葛根田地熱発電所を眺めながら、20分程で奥産道のアスファルト道路に到着する。

Amihari_08

奥産道の道路から見える、木々に群生するキノコ。

食べられそうに見えるが、毒キノコの「ツキヨダケ」なのだ。

夜になると月明かりとともに淡い緑黄色に光り、これがまた怪しい魅力だとか?

Amihari_09

見事ですね。

登山者が道路にザックを置き、山に入っている。

何をさがしているんですか?との問いに「マイタケ」

まだ早い様です。

そういえば地元の産直にも「松茸」の顔が見えだした。

キノコも恋しい奥産道かな。

 

アスファルト道路を奥産道を閉鎖しているゲートまで歩く。

待機していたバスに乗り込み、網張温泉本館へ着。

ゆっくりと温泉につかり休憩後帰路に着いた。

 

リフトは3基で1,050円、土日のみ運行との事。

登山ではないので、また個人的に挑戦するのもいいですね。

本日の総費用は1,700円で大変安上がりで、体にもいい一日でした。

 

17時に帰り着き、有志で慰労会。

これがまた過ぎるほどに心地よく、体にはいかがなものかな~

こちらのほうが高くつきましたとさ、、、、、。