いよいよWindowsXPのサポートが終了する X Dayが近づいてきた。

 

日本では2014年4月9日(水)サポートが終了する。

 

当社のサポート先でも昨年の12月から入れ替えが進んでおり、これからのお客様もスケジュールに組み込まれているが、切り替え時期との兼ね合いや、ハードの納期などとの絡みで一気にとはいかない。

 

最近のソフトはネット接続によるアップデートサービスなどネットからのサポート比率が高くなってきている。これも経費節減とサービスの迅速対応、安定的なサポート料の確保など戦略的な意味合いが強いのであろう。

 

本日の地方紙にも「新OS移行の遅れ」と題し現在の状況が報じられていた。

新OS対応の遅れ

当社では昨年初にすべて入れ替えたが、まだまだ様子見の皆さんもいる。

4月以降の消費税8%アップを見込み、3月中のかけこみ需要など業界の動きも活発の様である。

別に? 3%消費税増える程度だから焦らなくてもいいかな? と決め込む方々もおられる。

 

暫定的にWindows7でハード、ソフトの互換を保ち6年を過ごしても、2020年1月14日にはWindows7のサポートが終わる。いたちごっこなのだ。Windows8は遊びにはいいけど業務用には不要なものがスタートアップに張り付いている。資源を無駄に使っている様にしかみえない、との話も聞こえてくる。

 

次世代の機器を便利に使うためには既存の資産のスクラップ&ビルドは必要であろうが、動くうちは使いたいと思うのも利用者の心理でしょう。パソコンOSを変えれば済む話ならそれなりに考えても、ソフト資産の費用もばかにならんもんね~ <(`^´)> と声高々におっしゃる経営者も多い。

 

LAN環境で機器の接続を行っている場合はOSのサポート終了にともないウイルス対策ソフトもパターンファイルの提供はされるがソフトウエアアッデートサーピスをやめる可能性もある。

いずれ、乗り換えは必須の状況を迎えつつある。

 

個人の方々も乗り換えが進んできているが、これからの感が大きい。

サポート終了に伴いどんなリスクを伴うか、お近くにいらっしゃる通の方にアドバイスを受けられてはいかがでしょうか? そして早めの対策をおすすめいたします。

 

ちなみに Windows Vista は2017年4月11日までアップデートサービスは提供される。