NEC MateJ MA-6 正式型番 PC-MJ18XAZ36
ベースOS Windows Vista Homebasic
Celelon 1.8Ghz 512MB/MM 80GB/HDD 3.5/FDD DVD-ROM
パラレルポート、シリアルポート搭載
製造ラインのコントロールソフトを動作させるためのハードとして設置予定ですが、ソフト自体がWindowsVistaにて未評価のため、安定したOSをと言う事で WindowsXP Professional を導入することに決まった。最近はVista対応のためハードスペックもグレードを高めてきていますが、LAN環境から切り離されウイルス対策ソフトなども不要な環境なので最低限のスペックで十分なのである。必須なのがシリアルポートとパラレルポートが付いている事だけである。
インストールの基本としてVistaからのダウングレードはWinXPのSetup.exeを起動できないため、CDブート方式のもので対応する。
インストール作業前にNECのダウンロードサイトから機種とWinXPに対応した各種のドライバをダウンロードしておき、セットアップに必要な情報をよく読み作業に当たることが必要です。
NECではパソコンに関する色々な情報を的確に公開しており、サポートの内容も大変充実していると思います。
今回行った作業は下記の通り
1.WinXP SP2のインストール
2.標準でインストールできないドライバのアップデート
・このときにダウンロードしたドライバを使います。
・デバイスマネージャでの”!”を解消します。
・一部消えないデバイスもありますがLANボードが使えますので以降の作業には支障ありません。
3.WinXP SP3の適用 - 必須
・この作業を行うことでPCIデバイスの”!”が解消されます。
4.SMバスコントローラにはまだ”!”がついたままです。
・この解消にはインテルのチップセットをOSに認知させる作業が必要
IntelのサイトからOS指定でチップセット・ソフトウェア・インストール・ユーティリティーをダウンロードし適用します。
*/* 以下インテルのHP記載内容と説明 */*
「INF アップデート・ユーティリティー – 主としてインテル® 4, 3, 900 シリーズ・チップセット用 (2455KB) 9.0.0.1008 2008/06/02 ダウンロード
このユーティリティーは、オペレーティング・システムに対して、USB や AGP などの特定の機能を使用する際に、チップセットを適切に設定するための INF ファイルをインストールします。」
5.後は再起動することで完了する。
WinXPで十分なんですけどね”^_^” WinVistaの機能で仕事に直結する優れている点をまだ探しあぐねています。