5月23日(水)、24日(木)開催の「本格イタリア料理フルコースとくずまきワインを楽しむ会」に参加してまいりました。

開催場所は平庭高原体験学習館「森のこだま館」の食事提供スペースを貸し切って開催。
5月23日(水)は夜の部のみ18:30開宴 30名様限定
5月24日(木)は昼の部12:00開宴、夜の部18:30開宴 各30名様限定

夜の部はワイン飲み放題10,000円、昼の部5,000円ワイン付き。
縁がございまして、参加させていただいたのは5月24日(木)昼の部。

愛知県一宮市にてイタリアンレストラン「リストランテ アンティカムーラン」のオーナーシェフ小塚孝秀氏の本格イタリア料理。

小塚孝秀氏は秋田県鷹巣生まれ。岐阜県在住。
イタリアで料理を学び、1988年カナダのバンクーバー世界料理大会で個人銅メダル・チーム金メダルを獲得、世界に知られた料理人とのこと。

イタリア料理フルコース

本日のメニューは

1.黒ソイのスカペーチュ、夏野菜のパートフイロ包み焼
2.カリフラワーのスープ
3.パッケリ・ラグーソース(上の画像)

イタリア料理フルコース

4.岩手県産ほろほろ鳥のオーブン焼き、内臓風味マルサラ酒風味ソース
( 本日のメイン料理 )

イタリア料理フルコース

5.田舎風イタリアデザート、ピスタチオとカスタードクリームトルタ
6.パン
7.コーヒー

その他、ドリンク類、ワイン類は自由。

という事で、お昼のひと時を存分に楽しませていただきました。
全ての料理がさっぱりとして、爽やかなこの季節にぴったりと合った味付けで、胃に負担無く美味しく頂くことができました。
感謝です。

お昼の時間帯なので、アルコール類はテイストする程度しかたしなめませんでしたが、料理を楽しみながらワインも楽しむのには、個人的な好みですが、白系のワインがぴったりと合っているのでは? と感じました。
赤系のワインだと、微妙な味が消されてしまいそうなほど、洗練された味付けではないでしょうか?

料理をいただき、くずまきワインの白系を飲みながら会話をはずませる。
同席の「いわて森の達人」の話も参考になりました。
普段は持てない時間を提供いただき、感謝しています。

今日は助手が一緒に同行してくれたので、安心してアルコールを口にすることが出来ました。
食事のあとのティスティング程度ですが、陽の高いうちに口にするアルコールは、なんとなく酔いが早い様な気もしないではないです。

やまぶどうブランデーも試飲させていただきましたが、発売初期のものとは「香り・味」ともにまろやかであり、日々研究され品質も進化していると感じました。

帰りにお土産用のワインを買い求め、早速戻って本投稿をアップさせていただいたしだいです。
平庭高原エリアはまさに新緑の季節、ちらほらと咲き始めた「山つつじ」も 6月上旬には盛りとなる様です。

6月のツツジ祭りと平庭高原エリアの散策などもいいかも知れません。