電源を入れると「ウインドウズXP」の画面が出てくるんですけど、すぐに電源が切れてまたおなじ画面の繰り返しになり「セーフモード」やら「通常に起動する」やらの画面が出たりして、あちこちキー操作すると「ピーピー」音が鳴るんですが故障ですか?
と隣町の女性の方から電話をいただきました。
お話の内容からもしかしてと思いましたが、近くにおいでのときに様子を見ますのでお持ちください。と電話を置いて2?3時間後に「持ってきました」と早速ご訪問くださいました。


早速動作確認した結果、想定どおりのHDD障害でありヘッドの動作音も異常でしたので交換が必要と診断しました。
HP Compaq nx9030 ノート
WinXP Home SP2 Seagate HDD 30GB

HDD

hpのサイトから型番検索の結果、2004年発売のモデル。セレクトでHDDは60GBまで搭載可能。現在即手に入る市販のHDDは最低80GB以上が標準であり同一容量のものは販売されていない状況かつ、メーカー修理の場合は年度内対応は難しい状況でしたので、同一メーカー製80GBタイプのものを手配した。
部品が到着後、バイオスのアップグレードや設定変更せずに、入れ替えは完了した。データの保全上ドライブ分割のまで対応し修理完了となる。
一番時間のかかった作業といえばやはり「WindowsXPのサービスパック適用」でした。パソコンのハードスペックにもよりますが今回リカバリー時間に約3時間、サービスパック適用(SP3)で4時間も延々と動いていました。WinXP SP3のCDを用意しておかないと時間の無駄であり、付きっ切りでの作業は出来ませんね(^_^;)
今年中に手元に戻って来るかどうか心配していたご本人は「エ!」もう出来たんですか!(^^)!とびっくりしていました。
部品さえ手に入ればちょっとした修理なら何でも対応させていただきます。どうぞご利用ください。