連休3日目の4月29日(月)
晴れの天気に誘われて「雪の回廊を見に行こう!」と家族でドライブする。

今年はアスピーテラインの残雪がすこぶる多い様に感じる。

樹海ライン

連休で混雑を想定していたが、山頂近くまで難なく移動ができた。

途中の駐車できるスペースには車で埋まってはいるものの、止められないというほどの混雑ぶりはない。

例年ならば駐車場への待ち行列で渋滞するのですが、今年は少しちがう。
工事中の停止位置でさえも最前列で止まれた。

さすがに頂上の見返り峠有料駐車場から少し手前の無料駐車場は満杯。
その場所からアスピーテライン頂上の駐車場までの渋滞は500m程度でしょうか?

ラインの頂上駐車場からの眺めは爽快ではあるものの、渋滞の待ち行列には参加したくない。
止まりつつも車は流れる。
流れるままに樹海ラインへとすすむ。

樹海ライン

樹海ラインの標識。
こちらも見事な雪の回廊を形成している。

樹海ライン

前後の流れを止めるわけもいかず、ハンドルを握りながらシャッターを切る。
一旦止まって気に入ったシーンを撮りたいのですが、残念である。

助手席にいる「口ナビ」の人に写真の興味があれば、それなりのシーンが記録できるのですが「アソコがいいね! どこ?どこ? あ~過ぎてしまった」

樹海ライン

アスピーテラインから下り樹海ラインもいよいよ終盤、松川温泉に近くなる。
岩手山と鬼ケ城の雄姿を記録する。

ドライブにはいい日和であった。

この後「八幡平ハイツ」へ立ち寄り、ランチバイキングと温泉につかりのんびりとした時間を過ごし、おなかと身体に静養を与えることができた。
まさに「安」・「近」・「短」

八幡平ハイツからの帰りは「上坊牧野 一本桜」へのルートを選択、サラダファームへも立ち寄る順路とした。

生憎「桜」はいずこも膨らみさえも見せず、花だよりは今少し先であろう。

樹海ライン

帰りがてらに立ち寄ったサラダファーム。
買い物を楽しむ。
白と茶の「アルパカ」が子供たちに人気の様でした。
茶色のアルパカを記念に撮影し家路についた。

何せ今年は「寒い」
連休中に桜が開けばいいのですが、これも天候次第。
こんなに寒いと人の流れも滞ってしまい、偏ってしまいがち。
財布の紐も緩まないんじゃな~い。

趣味の家庭菜園も地温が高くならなければ、植えても苗の活着や生育さえもおぼつかない。
霜でも降ったなら苗も全滅。
今年は焦らずのんびりと楽しもうぞ。