最近 アドウエア(ユーザの画面に強制的に広告を表示させる代わりに、無料で利用できるソフトウェア)やマルウェア(悪質なソフトウェア)などに侵略される方が増えています。

 

無料のソフトをダウンロードする。

標準のインストールでPCにインストールすると一緒にインストールされる。

一般の方ならごく普通にやっているインストール方法なのですが、付随するソフトをインストールしないためには「詳細」など自分で選択してインストールする必要があります。

 

標準インストールすることで、知らずにインストールされています。

これが標準なのです。

無料のソフトをご利用する場合は出所をよく確認し、インストール方法にもぜひ気を付けてください。

マルウエア

パソコンの電源を入れたら、すぐにこんな画面がご自分のPCに現れたら、、、。

ホームページを閲覧するソフトを開いたら、いくつものページが勝手に表示される、、、。

こんな時は、既にあなたのパソコンは侵略されているのです。

PCの危険をあおり、購入サイトへ誘導する悪者です。

ご自分で退治できない場合は、専門の方々にご相談ください。

 

あくどいものではPCの個人情報を抜き取るものも報告されています。

レノボPCには購入時点から広告表示するソフトが標準でインストールされ、セキュア(暗号化)通信している中でも広告表示してしまうなどの問題も指摘されました。

 

インターネットページの Hao123, 文字変換の Baidu IME などは、ご依頼者のPCをご対応する場合良く見かけることがあり、了解を得て削除します。

 

バイドゥ株式会社(Baidu Japan Inc.)は、中国検索エンジンの最大手であるBaidu, Inc.の日本法人。検索エンジン Baidu.jpを運営している。

 

知らずに知らずにインストールされるものを、好むと好まざるにかかわらず動かすことなどいかがなものでしょうか?

ご自分の情報を抜き取られる前に、何らかの対策をお急ぎなさる様ご推奨いたします。

 

ネットの世界で稼ごうとしている方々は、いかにして収入を得ようかと考え対策を施します。

誘いの手口も日々巧妙化しています。

 

怪しいとおもったときは迷わずご相談なさってください。